ひめゆりの塔

沖縄観光 ひめゆりの塔 沖縄戦時に沖縄陸軍病院第三外科が置かれた場所にあり、壕の跡に立つ慰霊碑です。この場所は沖縄県南部糸満市にあります。沖縄県立第一高等女学校生徒が看護活動を行っていた最後の場所とも伝えられています。

ひめゆりの塔を再現した映画が数多く今でもあります。沖縄は色々な観光地があって、海・首里城を初めとした綺麗な観光地も多く存在しますが、ひめゆりの塔は、悲しい出来事(歴史)を伝える場所でもあります。ひめゆりの塔資料館では、当時の資料や、写真も多く残されています。普通に見ると胸が締め付けられる思いもするかと思います。

戦争とはなんだったのか、平和とは何かが分かる場所でもあります。また当時戦争を体験した方の実体験の話しを聞くことも出来ます。戦争を知らない人々に、沖縄戦のことを知ってもらい、そんな事があったことを身近な人に伝えるために、実体験者からの話しを聞く場所も設けているようです。どんなものにも「命」と言うのが存在しています。

命の尊さを知る場所でもあるので、沖縄観光の際は、是非訪れ、罪のない方々が多く犠牲になったことも考えて欲しい場所です。戦争と言うリアルのものを身近に感じることができます。平和ってありがたいことが良くわかる場所です。