やちむん

沖縄工芸品 やちむんとは (焼きもの)のことです。琉球王朝時代、琉球国は、その時に渡ってきたのが南蛮焼だと言われています。それを元に、琉球でも陶器作りを学び始め、焼き始めたと伝えられています。その焼きものは、美里村(現沖縄市)那覇市壺屋に集められ、振興を図りはじめ、その頃に、壺屋焼きが始められたと伝えられています。

その後、第二次世界大戦で沖縄は大きな地上戦の舞台となり、壺屋区域は比較的軽微な被害だったため、復興が早かったので、また壺屋焼きの勢いを取り戻したと伝えられています。現在壺屋やきは、沖縄伝統のシーサーや壺、大皿・鉢・水盤、などが作られています。

壺屋焼きだけではなく、読谷村その他で焼かれています。現在は灯油窯やガス窯を使っていますが、昔ながらの伝統や技術、技法を受け継いでいるのは有名です。また壺屋やきは、沖縄が本土に復帰すると那覇市の人口増加、登り窯の煙など公害問題が発生し、壺屋焼は規制されたことでも有名です。悲しいことですが、これも時代の流れなんでしょう。

 

読谷村の伝統

しかしながら先ほど伝えましたが、読谷村ではその伝統を引き継ぎ沖縄の歴史を守っています。工房では体験もやっているので、気軽に見学などができます。