ミンサー織

ミンサー織とは 沖縄伝統の織物で、素材は木綿です。経緯では中国を拠点をしていると伝えられています。読谷山ミンサー、八重山ミンサーとありますが、拠点地によって独特で個性的になっています。ミンサーは五つの□(四角)と四つの□(四角)で構成されており、色は藍色がメインです。ゴロ合わせのように「いつの世までも」と言う言葉があります。

ミンサーの木綿は八重山諸島で栽培され、男性にプロポーズされたら返事として女性がミンサー織りの織物を送ったと、伝えられていたそうです。また藍色に伴い、藍を重ねることで作り上げられたミンサー織りは、「愛を重ねて」と言う意味も含まれているそうです。バックや衣服はもちろん、財布などにもこのミンサーが取り入れられています。

今では沖縄ならではの商品にミンサー織りは頻繁に目にするようになり、ペットの首輪にも、そのミンサー織りで作ったものもあります。「いつの世までも」と言う言葉は、人と人との繋がりだけではなく、人と動物との関わりも大切にしようと言うことも伝えられています。

ミンサー織デザインの指輪

最近ではこのミンサー織りのデザインで結婚指輪も発売されています。ミンサー織りの工房もあるので、沖縄に来た際は見学もいいと思います。