万座毛

万座毛 沖縄県国頭村恩名村にその場所はあります。海岸絶壁に象さんのような鼻がある絶壁で有名です。名は琉球王朝時代に、一万人が座れる広い原っぱとして伝えられ、「万座毛」として名づけられたという事も知られています。

万座毛は柵がない場所もあり、絶壁なので、お子様連れはご注意ください。また、夕日が沈む光景も夕方には見られます。デートスポットや、パワースポットとして地元の方には知らされています。また、元旦の初日の出も絶景で、多くの見物者が初日の出を見ようと、万座毛へ訪れる場所でもあります。

また夏場は涼しいくらいでいいのですが、冬場は北風が非常に強いです。なので、風邪を引かないように上着を着用することをオススメします。また復帰前は、米国国務省所管の放送局基地だったために、無数のアンテナが設置されてた場所としても有名です。また 大戦中には集団自殺の名所とも言われていて、場所により、参拝所もあります。

しかし、そんな事を感じさせない程の大絶景です。また駐車場付近には、あらゆるお土産品店もあります。毎日大勢の観光客が日々訪れる名所でもあります。波の音や、白い波をリアルに見ることができ、海の青さに息をのむ程です。