紅型

沖縄工芸品 紅型とは 紅は(色彩)型は(模様)を意味してるとも言われます。沖縄伝統の染物で琉球王朝時代は王族や貴族の衣装として使われていました。南国独特の模様柄などがとても印象的です。模様の種類も様々で、「花・蝶・鳥・」など他にも様々な模様もあります。

また、大和から伝わった模様には、「松竹梅」などがあります。また紅型に使われる黄色は、中国の縁起の良い色として、沖縄に伝えられたとも言われています。当時は貴重なものとして、手作りながらも監視がとても厳しかったとも言われています。

また紅型に良く描かれる「鳳凰」(ほうよう)と言う鳥は、中国の架空の鳥として伝えられています。とても神秘的な生き物として様々な中国の物語には登場します。また、次に紅型に伝えられる「梅」模様ですが、これは本土から伝えられたものです。紅型には、中国や日本国と言った、両方の模様が描かれています。

沖縄の人はどちらの国の風流も大事に取り入れ、染物にして行ったとも伝えられ、今でも多くの工房はその伝統をずっと受け継いでいます。また、染め方は、型を置き、柄部分の色に顔料を手挿しで色を挿したものになり、自然の素材を使用しているため、あの独特な色合いが出ます。それなので、同じ色彩は二つとして出ないとも言われています。また、内地でも紅型を作ってるところはありますが、一目見て、沖縄のものと内地のものは、違って見えるそうです。

沖縄以外の紅型

内地のものは、顔料を混ぜ合わせた色彩が多く、沖縄のものは、南国独特な色彩と、ブラシを使って、ぼかしも取り入れられています。今では沖縄県内において、色々な所に工房があり、気軽に体験が出来たりするので、観光ついでに覗いて見るのもいいかも知れません。