国際通り(公設市場)

沖縄観光 国際通り 沖縄県那覇市の位置にあり、県庁北口交差点~安里三叉路にかけて約1キロ半に渡った通り沿いです。

色々なお店がずらりと立ち並んでいます。戦後の焼け野原から、発展を遂げた場所でも有名です。

那覇市最大の繁華街と言ってもいいでしょう。また、国際通りの中間辺りから、土産品店の立ち並ぶ、アーケード街があります。そこも、観光土産店が立ち並んでいます。その間から、有名な牧志公設市場があります。良くテレビで見る、豚の顔がある市場のことです。

沖縄独特の食材や、くだもの、魚介類などが立ち並んでいます。その場で購入して、公設市場内の食堂に持って行くと、調理してくれる事でも有名です、また、店頭から直接発送が出来るので、県外の土産にも向いています。

また、公設市場は市内の台所とも呼ばれており、正月や旧盆では地元の客で賑やかになります。また店主と仲良くなれば、交渉も可能なので、気軽に交渉することもオススメします。また、肉や魚、くだものだけに留まらず、漬物店などもあります。漬物では、「島らっきょう」が有名ですね。もちろん試食もOKです。やおやもあり、沖縄で有名なゴーヤも年中置いています。手荷物が増えて大変な方には直接発送もできます。